即日発行のカードローン

早いと感じたキャッシング会社 アコム

アコムのキャッシングは早いと聞いていたのですが予想以上の早さです。申込・審査非常にスムーズで更にカード発行に関してはアコムのATM(無人君)にて自動的に発行されるので本当に手間いらずなカードでした。わたしの中では超おすすめのカードです。

 

カードローンは即日発行可能なのか?

カードローンを作りたいけど今すぐできるの?と疑問に思っている人は多いと思います。

わたしの体験からすると申し込みをするカードローンによりますが即日発行は十分に可能です。

 

わたしの場合は午前中に申し込んで当日に発行が間に合いました。
14:00以降の申し込みになると即日発行ができないところもあるようなので申込先には注意が必要です。

 

もし、手元にカードが届かなくても振込融資をしてもらえばご自身の銀行キャッシュカードで現金を手にすることが可能です。

 

 

即日発行でキャッシングが可能な理由

即日キャッシングを謳っているローン商品の場合、利用を申し込むと基本的にその日のうちに借り入れを申し込んだ分が指定口座に振り込まれると考え置いて差し支えありません。もう少し詳しく書くと、ローンを申し込んだ金融業者の営業日中に申し込んだ場合、午前中などの十分に早い時間なら午後にはお金が振り込まれますが、午後の遅い時間になれば翌営業日になる事もあります。また、金融業者によっては、申し込みだけなら祝日や休日も受け付けていますが、実際にお金が振り込まれるのは祝日や休日の翌営業日の早い時間帯になります。
ともかく、お客さん側から借り入れの申し込みがあった場合、金融業者側が、そのお客さんの負債状況と、収入を確認して申し込み金額を返済できるかどうか判断した上で貸し出しを決定しますが、その根拠となるのが、「個人信用情報(CIC)」です。
「個人信用情報」とは、金融業者が集まって特別に設立した個人信用情報を取り扱う団体が管理している情報で、基本的に金融業者に限らず、一般の人でも有料で見る事ができるものです。これには、各人の負債状況、職業と、住所、配偶者や扶養家族の有無といった属性情報が書かれていますので、これを見ればその人にお金を貸してもOKなのかどうかの大筋の判断が可能なのです。もちろん、金融業者によってはこれ以外にも情報があれば、それも加味して考えられますが、こうしたお客さんの情報を一元的に管理している団体があるからこそ、スピーディな貸し出しが可能なのです。
審査の際には必ず金融業者は個人信用情報機関をみて審査の結果に影響させるので、嘘の情報を記入して申込をしてもバレてしまうという訳ですね。

 

カードローンの疑問?リボ払いって何?

即日キャッシングを利用した時に、借りた分の元本と利息を支払うわけですが、その返済額の計算の仕方と、実際の返済額の支払い方は、ほとんどの無担保ローンでは「リボ払い」という方法をとっています。
リボ払いは、正式にはリボルビング払いといって、返済の度に定額を支払い、その中から元本と利息に分けて返済していく方式です。実際には、これに借り入れ額ごとの最低返済額を設定した、残高スライドリボルビング払いを採用しています。
このリボルビング払いの特徴は、毎回の返済ごとに支払う金額がほぼ固定化できるので、返済計画がとても立てやすいというメリットがあります。しかし、返済金額を元本の消化と利息の支払いに割り振る時、利息の方に比重が置かれるという原則はあるものの、支払いのうち幾らが元本で、幾らが利息分かという計算は少々複雑で分かり難い、という点があります。さらに、返済が利息優先ということは、元本が減り難く、返済が長期化してトータルでの支払額が大きく増えてしまうデメリットもあります。もちろん、支払いに余裕がある場合には、決められた額よりも多く返済して、返済期間を短くする事も可能です。
即日キャッシングは、実際にお金を使えるまでの時間が短く、しかも返済は毎月定額で良い、という事で非常にお手軽で負担感も少なく思えますが、実は年利18%近い金利でリボ払いをすると、利息を含めたトータル支払い金額が1.3倍から1.6倍近くなる事は覚えておくべきです。

今すぐにお金を借りる方法

すぐにお金が要る。

 

こうした急なピンチには本当に困るものですが「すぐにお金を借りられる=消費者金融業者」となります。

 

勿論、消費者金融業者でも審査は法改正や総量規制の問題で、以前よりスピードも落ちている事は確かですが、やはり審査、融資ともに早いのは、消費者金融業者での借入れが一番だろうと思います。

 

 

しかし、最近は無担保、無保証のカードローン等が、銀行等でも提供されており、大手メガバンク等では非常に限度額が大きく尚且つ金利の低めな金融商品を色々と提供し、審査スピードも以前の銀行審査、融資に比べ、随分早くなっているので、消費者金融業者に限らず、金利を抑えた金融商品を扱う銀行による申込みもお勧めです。

 

ただし、即日で融資を希望する場合、それに伴う金融商品を扱う場所での申込みの方が確実にその日のうちにお金を手に出来るので、より早い融資を望む場合はやはり消費者金融業者が一番ではないかと考えます。

 

勿論、審査により必ず融資が行われるわけではなく、審査状況によっては借入不可になる事もあると思いますが、消費者金融の場合は属性に問題が無い限り、もしくは借り過ぎという状況でない限り融資は確実なので「急いでお金を用意したい‥」という場合は、まずはスピードが一番あると思われる消費者金融での申込みの検討をお勧めします。

 

 

また、すぐにお金を借りたいという状況の場合は、必ず「申込みは午前中」に行う事が重要で、融資する側も審査や確認の連絡等を要する事となりますので、申込みは早めに済ませる事も重要です。

 

申込み時刻が遅い場合、会社により振込み等に関しては異なりますが、大体翌日の振込みになってしまいますので「今すぐ‥」という状況の場合は「午前中の申込み」を必ず心がけてください。

 

いずれにしても「早い融資を望む」場合は「即日振込み可」という紹介をしている金融業者もしくは「WEB完結申込」等と紹介している業者が、より早い融資を実現しているので、一刻も早い融資を望む場合はまず、早い融資を実現できる金融商品を扱う消費者金融業者等での申込みを検討してください。